MT4(MetaTrader4)はロシアのMetaQuotes社が開発したFXトレードをするためのソフトウェアです。
 
国内ではMT4を採用しているFX会社は少ないのですが、海外ではほとんどのFX会社がMT4を採用しています。
 
MT4は、とても高機能なソフトウェアで、しかも無料で使えるのですが、パソコンにインストールしたり、ある程度設定が必要だったりするので、パソコンが苦手の人にとっては、敷居が高いようです。しかし使い慣れてくると、もうMT4以外でのトレードは考えられません。
 
MT4が持っている便利な機能をいくつかご紹介しますので、是非トレードに役立ててください。

チャート表示に関する機能

定型チャートを標準設定する機能と、チャート位置を固定する機能について説明します。
 

定型チャートの標準設定

MT4のメニューには、「定型チャート」というものがあります。この機能は、チャート上に挿入した移動平均線やボリンジャーバンドなどの好みのチャート設定を保存しておき、別のチャートを開いたときに、その設定を読み出すことができるものです。
 
今回紹介したいのは、新規にチャートを開くときに、保存しておいたチャート設定で開くことができる機能です。
 
これを使うと、新規にチャートを開くたびにチャートを設定したり、定型チャートを読み込む必要がありません。
 
この機能を使うための設定手順は、以下の通りです。
 

手順1チャートに移動平均線を表示させるなど好みの設定を行います。
手順2メニューから、「チャート」→「定型チャート」→「定型として保存...」を選択すると、「名前を付けて保存」画面が出るので、ファイル名にdefault.tplと入力して保存ボタンを押します。
手順3メニューから、「ファイル」→「新規チャート」→「通貨ペア」を選択すると、好みの設定でチャートが開きます。

 
以後、新規チャートを開くたびに、この設定が引き継がれます。
 
実際にMT4の画面で確認しましょう。
 
新規にチャートを開くと、下画像のようなチャートが開きます。
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(新規チャートを開く)
 
このチャートを画像のように好みの設定にします。(手順1)
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(テクニカル指標などを設定する)
 
このチャートを定型チャートとして保存する操作します。(手順2)
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(定型を保存する)
 

チャートの位置を固定

チャートを過去検証している時に、時間足を切り替えるとチャートの位置が移動してしまい、見たい場面を探すのに苦労することがあると思うのですが、その時に使うと便利なのが、チャートの位置を固定する機能です。具体的な操作手順について説明します。
 

手順1まず、チャートを1時間足や4時間足などで表示して、「チャートを自動スクロール」をオフにします。その上で、目的の位置までチャートを過去に遡ります。すると、チャートの下部に「チャートの位置を固定」マーク(灰色の小さな▲マーク)が表示されます。
手順2「チャートの位置を固定」マークは、マウスの左ボタンを押し続けている間は、左右に移動することができますので、適当な位置に移動します。

 
実際にMT4の画面で確認しましょう。1時間足チャートを開いて、「チャートを自動スクロール」をオフにしたのが、下画像です。(手順1)
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(「チャートを自動スクロール」をオフ)
 
「チャートの位置を固定」マークを垂直ラインの位置に移動します。(手順2)
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(「チャートの位置を固定」マークを移動)
 
この状態から、15分足に切り替えたのが以下の画像で、5分足がさらに下の画像です。
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(15分足)
 
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(5分足)
 
1時間足から短期足へと順に切り替えていくと、下落トレンドから反転上昇しネックを越えて陰線が2本続いた後、陽線が出てトレンドが発生していく様子を詳細に分析することができます。
 
以上の手順1と2を実行すると、その後時間足を切り替えてもチャート位置が移動しないので、見たい場面を探す手間が不要となり、大幅な時間短縮になり検証作業がとても楽になります。

ライン等に関する機能

ライン等をコピーする機能を使って、トレンドラインを元にチャネルラインを引く方法を説明します。もう一つは、トレンドラインをぴったり水平に引く方法を説明します。
 

トレンドラインと平行にチャネルを引く

MT4には、すでに描いたラインや図形、矢印類をコピーする機能があります。具体的な操作手順について説明します。
 

手順1チャートにトレンドラインを引きます。
手順2トレンドラインをダブルクリックし、選択状態にします。
手順3Ctrlキーを押しながらトレンドラインをマウスの左ボタンでドラッグします。

 
実際にMT4の画面で確認しましょう。チャートにトレンドラインを引いて選択状態にしたのが下画像です。(手順1、手順2)
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(トレンドラインを挿入し、選択する)
 
トレンドラインを平行に複写したのが以下の画像です。トレンドラインと平行にコピーされているのが分かります。
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(挿入したトレンドラインをコピー)
 

トレンドラインをぴったり水平に引く

トレンドラインは、例えば下値を切り上げている波の安値同志を結んだ線を引くなどの使い方をしますが、もう一つの使い方として、押し安値や戻り高値に引いてトレードの目安にする使い方があります。
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(水平なトレンドライン)
 
水平線を引いた場合、どこに着目したか忘れてしまうこともあるのですが、このように、トレンドラインを水平に引くことで、着目点が分かりやすくなります。では、どうやってぴったり水平に引くのか図で説明します。
トレードに役立つMT4の便利機能を紹介!(水平なトレンドラインの書き方)
 
Shiftキーを押しながらマウスでドラッグするのですが、最初はうまく引けませんので、ある程度慣れが必要です。

トレードに役立つMT4の便利機能 まとめ

チャート表示とライン等に関する機能をご紹介しました。どれも日常的に使うものばかりですので、チャートの過去検証や分析の際に、これらの機能を是非使ってみてください。
 
また、お持ちのFX口座がMT4に対応していない場合ですが、口座開設せずにデモ版のMT4をダウンロードして使用できるFX会社がありますので、チャートだけMT4を使うことも可能です。MT4を使うために口座開設したくないという方も是非参考にしてください。

おすすめの記事