一部のチャートで利用可能な平均足について、計算方法や基本的な見方から活用方法まで簡潔にご説明します。

平均足について

平均足とは、ロウソク足と似ていますが、計算方法において異なる点があります。そのため同じ値動きであっても形状が異なります。
 
平均足は、ロウソク足と同様に始値・高値・安値・終値という4つの要素で構成されています。始値と終値の間は実体という太い線で表現され、高値と安値はヒゲという細い線で表現されている点はロウソク足と共通しています。
 
高値と安値、つまりヒゲについてはロウソク足と同様の計算方法です。一方で、始値と終値については独特の計算方法をします。
 
まず、始値についてですがこれは、1本前の足の始値と終値の平均値になります。つまり、見た目としては前の足の実体のちょうど真ん中から始まるということになります。
 
次に、終値についてですが、これはロウソク足でいう始値・高値・安値・終値という4つの要素の平均値となります。つまり、現時点での価格は平均足では表示されません。
 
計算式

平均足の高値 = 当日高値
平均足の安値 = 当日安値
平均足の始値 = (前日の平均足始値 + 前日の平均足終値) / 2
平均足の終値 = (当日始値 + 当日高値 + 当日安値 + 当日終値) / 4
※1日目の始値 = (前日始値 + 前日高値 + 前日安値 + 前日終値) / 4

平均足とローソク足

ローソク足と平均足
ロウソク足は、実際の始値と終値を重視する分析方法です。つまり、一時的に付けた高値や安値と、終値とは厳格に区別するという発想です。
 
一方で平均足は、高値と安値も部分的に考慮し、平均として価格がどの水準にあったといえるのか、ということを重視します。そのため、ローソク足よりも価格の大きな動きを捉えやすくなります。
 
平均足の場合には、その計算方法から同じ種類の足が連続することが多いため、トレンドフォローに向いているといわれています。
 
例えば、ロウソク足のチャートでは陽線の中に陰線が混ざっているようなややわかりづらい相場状況であっても、平均足のチャートでは陽線が連続しており、上昇トレンドの継続を明確に示していることがよくあります。
 
また、それだけにトレンドの終了や転換を見極めるのにも適しているといえます。例えば平均足で陽線が連続していたにもかかわらず、陰線が出現した場合には少なくともそのトレンドが終了したことを強く示唆します。
 
注意点として、平均足では現時点での価格が表示されないので、細かな値動きを把握することはできません。
 
平均足の特徴

  • ローソク足よりも価格の大きな動きを捉えやすい
  • トレンドフォローに向いている
  • トレンドの終了や転換を見極めるのにも適している
  • 細かな値動きを把握できない

平均足の見方

平均足の見方は、ロウソク足と同様のものもありますが、異なる点も多いのでここで解説します。
 
ロウソク足の場合、ヒゲが出た場合にはその長さに応じて反対方向への圧力が強いことを示唆します。例えば、上昇トレンド中の上ヒゲは上昇トレンドの終了が近いと解釈するのが普通です。
 
一方で平均足の場合には、上ヒゲ陽線は上昇圧力が強いと解釈し、強い上昇トレンドを示唆します。
 
また上昇トレンド中に下ヒゲ陽線が出た場合には、ロウソク足の場合には押し目だと解釈しますが、平均足の場合には上昇トレンドの勢いが鈍化していることを読み取ります。
 
次に実体についてご説明します。平均足もロウソク足と同様に陽線と陰線がありますが、ロウソク足以上に陽線は上昇トレンドを、陰線は下落トレンドをそれぞれ示唆します。特に、連続して同じ足が出ている場合には、より強いトレンドであることを意味し、トレンドフォローのサインとなります。
 
また、実体の大きさも重要です。実体が前の足よりも短くなった足のことを「気迷い線」と呼び、方向感が不明になっていることを示唆しています。
 
強い上昇のサイン

  • 陽線が続いている
  • 陽線に上ヒゲがあり、下ヒゲはない

 
上昇力が弱まっているサイン(転換の可能性)

  • 陽線に下ヒゲが出ている
  • 陽線が続いているが、実体部分が短くなっている
  • 上昇局面中にコマ足が出る

 
強い下降のサイン

  • 陰線が続いている
  • 陰線に下ヒゲがあり、上ヒゲはない

 
下降力が弱まっているサイン

  • 陰線に上ヒゲが出ている
  • 陰線が続いているが、実体部分が短くなっている
  • 下降局面中にコマ足が出る

平均足と相性の良いインジケーター

平均足とMACD
オシレーター系のRSIやMACD、DMIやボリンジャーバンドなどが平均足と相性が良いインジケーターとして有名です。
 
これらのインジケーターと平均足を組み合わせて利用することで、平均足のダマシを除外することができ、より信頼性の高いエントリーポイントを判断することができます。

平均足の注意点

平均足は、その名の通り相場の動きを単純化し大まかなトレンドをとらえるのに向いており、順張りをするのに適しているといえます。
 
しかし、その反面逆張りや、細かい動きの把握には向いておらず、また短期間で急激に変動する値動きを正確に追いかける場合には、ロウソク足のほうが優れているといえます。
 
平均足はロウソク足の見方をサポートする一つのインジケーターとして使用されることをお勧めします。
 
また、平均足は価格の平均値を使用しているため、ローソク足よりも値動きに対する反応が鈍いです。タイムラグを考慮しておきましょう。

平均足とローソク足の違いや見方 まとめ

相場の基本は、トレンドフォローによる損小利大です。平均足を活用して大きなトレンドをとらえ、着実に利益を伸ばしていきましょう。

おすすめの記事