チャートを見たら相場が上昇していたので、買ったらすぐ逆行して損切になってしまったという経験は誰しもあると思います。
 
相場が上に行くのか下に行くのかは相場次第ですが、方向性を判断するための材料を活用してトレード根拠の一つにしたいものです。
 
具体的にどのような判断材料があるのか、またそれをトレードにどう活用すればよいかご紹介します。

相場の方向性をつかむ判断材料

相場の方向性をつかむための判断材料として移動平均線があります。一本の移動平均線でもおおよその方向性が判りますし、複数の移動平均線の関係に着目する方法もあります。(参考ページ:「移動平均線」
 
もう一つは、ネックラインや押し安値/戻り高値と現在レートとの関係です。これらに着目することで、方向性がある程度見えてきます。
 

移動平均線の傾き

移動平均線は、過去の一定期間のレートの平均値を示すものですから、レートが変化すると移動平均線もそれに追従します。レートが下降してから上昇したとき、移動平均線の傾きは、下向きから横ばいになり、その後上向きに変化します。
 
傾きが横ばいになったときはレンジ相場に移行していると見ることができますし、向きが変化したときは、トレンド転換の可能性を考えることができます。
 
とてもシンプルですが、環境認識方法の一つとして考えておくべきです。
 

ゴールデンクロス/デッドクロス

期間の異なる2つの移動平均線をチャート上に表示すると交差するポイントがあります。
 
短期線が長期線を下から上に抜けたポイントがゴールデンクロス、上から下に抜けたポイントがデッドクロスです。
 
一般的には、ゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売りのサインとされますが、実際の相場では、クロスした時点で短期的にレートが伸び切っている場合がありますので、一旦押し戻りを待ってエントリーする必要があります。
 
あくまでも、ゴールデンクロス/デッドクロスは、トレード根拠の1つと考えておくと良いでしょう。
 
また、下降トレンド中の深い戻し局面でもゴールデンクロスは発生するので、長期線が下向きの時は、買いを検討しない方が良いです。
 

パーフェクトオーダー

短期、中期、長期のトレンドが同じ方向に向かい始めると、各移動平均線がきれいに順番に並びます。上昇トレンドの時は、一番上から短期線、中期線、長期線となります。
 
この状態をパーフェクトオーダーといいます。パーフェクトオーダーの一例をチャート図で示します。
 
全ての期間の方向が揃ったと言えるので、トレード根拠としては強いと言えますが、レートのアップダウンが激しいときは、パーフェクトオーダーからの状態変化も早いのでトレードを控えた方が良いです。
相場の方向性をつかむ判断材料を見つけるポイントとトレード事例:パーフェクトオーダー
 

ネックライン抜け

Wトップやトリプルトップを形成後、ネックラインを下回ってくると、上昇トレンドが一旦終了し相場の方向性がなくなったと見なすことができますので、方向性が出てくるまでトレードは控えた方が良いです。
 
ネックラインを下回ると、買い圧力より売り圧力の方が優勢になってきますので、下落しやすくなります。
 
ただし、この事実だけでは根拠が薄いので、長期の時間足で意識されているラインが上値抵抗線になっているなどの追加根拠を探して売りを検討します。
 

押し安値/戻り高値抜け

押し安値の中でも重要なのは、高値を更新する起点となった安値です。戻り高値も同様に安値を更新する起点となった高値です。
 
この起点にレートが到達すると、大きく反発することが多いです。しかし、逆にここを抜けてしまうと買いと売りの形勢が逆転しますので、いよいよ上昇から下降へトレンド転換する可能性が高まってきます。

トレード事例

ネックライン抜け後の戻り目からの売り事例

ネックライン抜けからのトレードの一例をご紹介します。
 
チャート図に示すように、トリプルトップが形成されネックラインを明確に割ってきました。
 
その後、一旦戻ってネックラインで押さえられて下落を始めたので、赤丸付近から売りエントリーします。
 
このトレードの追加根拠として、長期足の高値付近であること、特にネックライン付近であることが望ましいです。
相場の方向性をつかむ判断材料を見つけるポイントとトレード事例:事例1
 

戻り高値抜けの押し目からの買い事例

戻り高値抜けからのトレードの一例をご紹介します。
 
チャート図に示すように、戻り高値を抜けて上昇後、一旦半値付近まで押し目を付けて再上昇が始まったので、赤丸付近から買いエントリーします。
 
このトレードのポイントは戻り高値抜けの判断なので、1時間足や4時間足などの長期足で目立つ戻り高値に着目にすると、根拠として強くなります。
相場の方向性をつかむ判断材料を見つけるポイントとトレード事例:事例2

相場の方向性をつかむ判断材料を見つけるポイントとトレード事例 まとめ

相場の方向性をつかむための材料として、移動平均線をベースにするものとレートの節目に関するものをご紹介しました。
 
環境認識やトレードシナリオを考える際に、これらの知識を材料に加えると、相場の方向を見失わないと思いますので、是非参考にして下さい。

おすすめの記事