ローソク足についてその種類や基本的な見方についてご紹介した後、ローソク足を用いた分析方法について簡潔にご説明します。

ローソク足とは

ローソク足とは
ローソク足は日本で開発されたチャートであり、現在では全世界で使われています。
 
ローソク足は、始値・高値・安値・終値という4つの要素を1つのローソクで表現しており、とりわけ始値と終値を重視しています。
 
始値と終値の間は、太い線や色塗りで表現され、これを「実体」と呼びます。一方で、高値や安値は細い線で表現されます。
 
ローソク足の実体部分の上側についたヒゲを「上ヒゲ」、ローソク足の実体部分の下側についたヒゲを「下ヒゲ」と呼びます。
 
また、ヒゲの無い実体部分だけで形成されたローソク足を「坊主(丸坊主)」と呼びます。
 
また、始値より終値のほうが価格が高くなっている線を陽線と呼びます。一方で始値より終値のほうが安くなっている線を陰線と呼びます。
 
MT4のデフォルト設定では、陽線は実体部分が黒塗りになっています。陰線は実体部分が白塗りになっています。
 
ローソク足は、適用する期間に応じても呼び名が変わります。
 
1本で1分間の値動きを記録した「1分足」から「5分足」「15分足」「30分足」「1時間足」「4時間足」「8時間足」「日足」「週足」「月足」などがあり、これらの足のほかにも業者によっては「30秒足」であるとか「2時間足」などが搭載されている場合があります。

バーチャートとラインチャートについて

バーチャートとラインチャート
ローソク足が日本で開発された一方で、西洋では「バーチャート」というものが使われていました。バーチャートでも、上記の始値・高値・安値・終値という4つの要素を記録しているという点では同じですが、ローソク足と異なり実態に相当する部分がありません。始値と終値は、バーに簡単な横線で記録されるのみで、全体としてみた場合には高値と安値が強調されるチャートとなっています。
 
ラインチャートは、終値のみを記録していったチャートです。高値と安値の情報は記録されないので、情報量という意味ではバーチャートやローソク足とは異なります。一般に、ラインチャートはTICKで採用されていることが多く、超短期の値動きを追うのに適しているといえます。

ローソク足とフラクタル構造

「ローソク足はフラクタル構造である」という言われ方をすることがありますが、その意味は下位の時間軸のローソク足の配列と、上位の時間軸のローソク足の形が共通しているということを意味します。
 
例えば、日足は1時間足24本の集合体ですし、また1時間足は5分足12本の結果を総合したものだということができます。
 
FXにおいてローソク足のフラクタル構造に着目する意味は、「常に上位の時間軸の形状に注意しておく」ということにあります。
 
例えば、FXに限らずローソク足で一番見られているのは日足ですが、とりわけ日足の終値がいくらで終わるのか、ということは翌日以降の相場分析を左右する重要な要素となります。そのため、日足の引け値をめぐって買い方や売り方が攻防戦をするということがよくあります。
 
また、フラクタル理論は複数時間足のトレンドを総合的に見ることにも役立ちます。
 
例えば、日足が上昇トレンドでありながら、時間足は短期的な下降トレンドでありそこで逆三尊などの反転パターンを示している場合には、そのパターンが完成するタイミングを狙って買い注文を入れることにより、日足レベルでは下ヒゲ部分で押し目買いをしたことになります。

ローソク足と酒田五法

酒田五法は、江戸時代の米相場において本間宗久によって開発されたローソク足の分析方法です。
 
酒田五法は「三山」「三川」「三空」「三兵」「三法」という5つの配置が基本となっています。

五法 パターン 名称
三山 上昇のサイン 逆三尊底
下降のサイン 三尊天井
三川 上昇のサイン 三川明けの明星
下降のサイン 三川宵の明星
三空 上昇のサイン 三空叩き込み
下降のサイン 三空踏み上げ
三兵 上昇のサイン 赤三兵
下降のサイン 赤三兵先詰まり
黒三兵
三法 上昇のサイン 上げ三法
下降のサイン 下げ三法

三山

これは相場が上昇、もしくは下降する際に見られる形です。
 
「逆三尊底」が上昇局面への転換時に見られる形で、「三尊天井」が下降局面への転換時に見られる形です。

三山の上昇サイン:逆三尊底

逆三尊底はチャートが上げ下げを繰り返し、谷が3つと山が2つを形成するパターンです。谷が3つできる(それ以上価格が下がらない)ということは底値であると考えられ、上昇トレンドに転換すると捉えることができます。
 
逆三尊底は、3つ目の谷を抜けた時が買いのサインです。

三山の下降サイン:三尊天井

三尊天井はチャートが上げ下げを繰り返し、逆三尊底とは対照的に山が3つと谷が2つを形成するパターンです。山が3つできる(それ以上価格が上がらない)ということは天井であると考えられ、下降トレンドに転換すると捉えることができます。
 
三尊天井は、3つ目の山を抜けた時が売りのサインです。

三川

三本のバーから相場の転換を捉える手法です。
 
「三川明けの明星」が上昇局面への転換時に見られる形で、「三川宵の明星」が下降局面への転換時に見られる形です。

三川明けの明星

三川明けの明星は、下降トレンド時に見られるチャートパターンです。
 
下降トレンド時に大陰線が出て、次のバーで窓を開けた(大きく下げた)十字線(コマ)が出ます。その次のバーが大きく反発した陽線の場合、これを三川明けの明星と呼びます。
 
売り手の圧力が強い状態だった相場が、明けの明星の部分で売り買いの圧力が均衡状態となり、次いで買い手の圧力が強まっているために上昇トレンドに転換すると捉えることができます。

三川宵の明星

三川宵の明星は、上昇トレンド時に見られるチャートパターンです。
 
上昇トレンド時に大陽線が出て、次のバーで窓を開けた(大きく上げた)十字線(コマ)が出ます。その次のバーが大きく反発した陰線の場合、これを三川宵の明星と呼びます。
 
書いての圧力が強い状態だった相場が、宵の明星の部分で売り買いの圧力が均衡状態となり、次いで売り手の圧力が強まっているために下降トレンドに転換すると捉えることができます。

三空

三空は、4本のバーから相場の転換を捉える手法です。
 
「三空叩き込み」が上昇局面への転換時に見られる形で、「三空踏み上げ」は下降局面への転換時に見られる形です。

三空叩き込み

三空叩き込みは、下降トレンド時に窓を3つ開けて(三空)下げているチャートパターンです。連続して窓を開けるのは、かなりの投げ売り状態であると考えられます。窓が3つも続くということは、多くのマーケット参加者が「大底である」ことを想像します。
 
そのため、三空叩き込みは買いのサインと考えることができます。

三空踏み上げ

三空踏み上げは、上昇トレンド時に窓を3つ開けて上げているチャートパターンです。買いの圧力がかなり強い状態である窓空きが3つ続くため、三空踏み上げはすぐに天井を打ち、売りのサインとなります。

三兵

三平は、3本のバーから相場の状況を捉える手法です。
 
「赤三兵」が長期の上昇トレンドを形成する予兆を示すサインで、「黒三兵」が長期の下降トレンドを形成する予兆を示すサインです。

赤三兵

赤三兵は、陽線が3本連続したチャートパターンです。3本連続で陽線が出ていることから、買いの圧力が強い=上昇局面であると捉えることができます。
 
ただし、3本目の陽線に長い上ヒゲが出ている場合、「赤三兵先詰まり」と呼ばれます。赤三兵先詰まりは、買いの圧力が弱まっている=下降局面への転換の可能性を示しています。
 
また、赤三兵が出ていても高値圏に出ている場合は様子を見た方が良いでしょう。

黒三兵

黒三兵は、陰線が3本連続したチャートパターンです。3本連続で陰線が出ていることから、売りの圧力が強い=下降局面であると捉えることができます。
 
ただし、1本目の陰線が上放れて出ている(窓を開けている)場合、「押さえ込み線」と呼ばれます。押さえ込み線では、陰線を上抜いた時が買いのサインと言われています。
 
また、3本目の陰線に長い下ヒゲが出ている場合、「黒三兵先詰まり」と呼ばれます。黒三兵先詰まりは、売りの圧力が弱まっている=上昇局面への転換の可能性を示しています。

三法

三法は、小陽線や小陰線を繰り返している「休み」の状態を示しています。相場が小休止状態の時には休むことも大事であるという考えです。
 
相場は小休止している間にエネルギーを蓄えているので、小休止を終えた際には大きく相場が動きます。相場が小休止を終えるタイミングを、「上げ三法」と「下げ三法」で示しています。

上げ三法

上げ三法は、上昇局面において出現した大陽線の後、小陽線や小陰線を3本はらみ、その後の大陽線で始めの大陽線を上抜くチャートパターンです。この時、始めの大陽線の安値を抜けないことが条件です。
 
上げ三法は上昇トレンドの始まりを示しています。最後の大陽線が始めの大陽線を上抜いた時、買いのタイミング考えると良いでしょう。

下げ三法

下げ三法は、下降局面において出現した大陰線の後、小陽線や小陰線を3本はらみ、その後の大陰線で始めの大陰線を下回るチャートパターンです。この時、始めの大陰線の高値を抜けないことが条件です。
 
下げ三法は下降トレンドの始まりを示しています。最後の大陰線が始めの大陰線を下回った時、売りのタイミングと考えると良いでしょう。
 
このほかにも酒田五法は、実体やヒゲの長さによる場合分けを行っており、予備知識として知っておくと今後の相場の流れを予測するのに役立ちます。

ローソク足の見方:足形や酒田五法など まとめ

ローソク足は身近でありすぎてテクニカル指標であると気づかれないこともありますが、その見方については改めて復習しておきましょう。

おすすめの記事