ボリンジャーバンドは、1980年代前半にジョン・ボリンジャー(John Bollinger)氏が考案したトレンド系テクニカル分析です。
 
ボリンジャーバンドは統計学を応用したテクニカル分析で、相場の流れやマーケット参加者のポジション状態などを把握するのに有用な指標となります。
 
精度が高く、多くのトレーダーに愛用されている指標です。最大限に活用するために、ボリンジャーバンドの計算式や考え方、注意点などをまとめました。

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドのライン
ボリンジャーバンドは、トレンド系のテクニカル分析です。
 
ボリンジャーバンドは、統計学の標準偏差と正規分布の考え方に基づいたテクニカル分析です。移動平均線と標準偏差で構成されており、+1σ線、+2σ線、+3σ線がよく使用されます。
 
標準偏差とは、ある期間の価格がどの範囲で分布しているか・分散しているかを求めたものです。計算式は後程ご紹介します。
 
標準偏差を統計学の正規分布に当てはめると、価格変動が+1σ線、+2σ線、+3σ線に収まる確率は以下の通りになります。
 

収まる確率
+1σ線 68.26%
+2σ線 95.44%
+3σ線 99.73%

 
つまり、+2σ線を超える確率は100% - 95.44% = 4.56%、+3σ線を超える確率に至っては100% - 99.73% = 0.27%という低い確率です。+2σ線、+3σ線を多少超えてもいずれ平均値に戻るであろう、と考えることができます。
 

標準偏差と各σ線の計算式

標準偏差

標準偏差の計算式は、以下の通りです。√は全体にかかっています。
 

計算式n日標準偏差 = √(n日間 × 価格の二乗の合計 - 価格の合計の2乗)÷ 期間 × (期間 - 1)

 

+1σ線・+2σ線・+3σ線

各σ線の計算式は、以下の通りです。

計算式+1σ線 = 平均値 ± 標準偏差
 
計算式+2σ線 = 平均値 ± 標準偏差 × 2
 
計算式+3σ線 = 平均値 ± 標準偏差 × 3

ボリンジャーバンドの見方

先ほどの「価格変動が+1σ線、+2σ線、+3σ線に収まる確率」からも分かる通り、相場は原則としてボリンジャーバンド内で推移すると考えます。バンド外に推移した場合、買われすぎ/売られすぎであることを示しています。

 指標発表やその他の事象でボリンジャーバンドを逸脱する場合もあります。
ボリンジャーバンドの動きには大きく分けて3つの動きがあります。
 

スクイーズ

エクスパンションとスクイーズ
スクイーズとは、ボリンジャーバンドが収縮している状態を指します。スクイーズは、レンジ相場(ボックス相場)やトレンドの終わりであることを示しています。
 
スクイーズ状態の時は、相場が上昇や下降するための力をためている状態とも考えられます。スクイーズ状態が長く続いた後に価格がバンドを抜けた場合、トレンド転換やトレンド形成の可能性を示します。
 
スクイーズ状態の時は、ボリンジャーバンドの動きと値動きの方向が同一になります。バンドの幅が広いけれどスクイーズ状態である場合は、トレンドの力が弱い(弱まっている)と考えられ、トレンドの収束や値動きが不安定になる可能性が高いです。
 
また、スクイーズ時はマーケット参加者のポジションが少ない状態を示します。つまり、あまり大きな値動きが期待できないと捉えることができます。
 
スクイーズ状態の後は移行する期間に差はありますが、エクスパンション状態に移行します。
 

エクスパンション

エクスパンションとスクイーズ
エクスパンションとは、ボリンジャーバンドが拡大している状態を指します。ボリンジャーバンドが扇状に開いている(値動きと逆側のバンドもしっかり開いている)状態で、トレンドを形成していたり、値動きが大きくなる可能性を示します。
 
エクスパンション状態の時、ボリンジャーバンド自体も大きく傾き、トレンドを形成します。バンド自体が上値抵抗線や下値支持線を示し、ボリンジャーバンドのラインで反発する可能性が高くなります。
 
エクスパンション状態の時は、マーケット参加者のポジションが多い状態で、大きく値が動く可能性を示します。不安を感じるマーケット参加者が増えると、ボリンジャーバンドは収縮しトレンドが収束する可能性があるので、手仕舞いのタイミングが重要となります。
 
また、エクスパンション状態の後は必ずスクイーズ状態に移行します。エクスパンション状態からスクイーズ状態に移行したタイミングが手仕舞いポイントです。
 

バンドウォーク

バンドウォーク
バンドウォークは、表示させている一番外側にあるσ線の縁に沿って相場が上昇/下降している状態を指します。これは強いトレンド状態であることを示しています。
 
ただし、同時に強い買われすぎ/売られすぎの状態であることも示しており、いずれ強い反発が来ることも念頭に置いておかねばなりません。手仕舞いタイミングはもちろん、反発したタイミングでエントリーすることも視野に入れておくと良いでしょう。

ボリンジャーバンドの標準値

ボリンジャーバンドの期間は「移動平均線」20、21、25を使用しているトレーダーが多いです。また、+1σ線、+2σ線、+3σ線の3本を表示させて利用しているトレーダーが多いです。

ボリンジャーバンドが得意とする相場

ボリンジャーバンドは、現在の相場がレンジ相場(ボックス相場)なのか、トレンド相場なのかを判断したり、現在の価格水準が特定の期間内でどの位置に分布しているのかを分析するテクニカル指標です。
 
そのため、レンジ相場やトレンド相場で得手不得手は特にありません。
 
買われすぎ/売られすぎを判断したり、トレンドを形成しようとしているのかを判断したりすることができるので、順張り/逆張りどちらにも利用できるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの利用方法

逆張り

ボリンジャーバンドの逆張りサイン
考え方±1σ線~±3σ線を上値抵抗線、下値支持線と考えます。
 
相場が+1σ線~+3σ線に触れた時が売りサイン、-1σ線~-3σ線に触れた時が買いサイン。
 

順張り

ボリンジャーバンドの順張りサイン
考え方±2σ線、±3σ線を越えて推移し、なおかつバンドウォークが発生していた場合、トレンド転換の可能性が高いと考えます。
 
-2σ線、-3σ線を超えてバンドウォークをしている場合は売りサイン、+2σ線、+3σ線を超えてバンドウォークをしている場合は買いサイン。
 
この場合、バンドがバンドウォークを終えたタイミングが手仕舞いサインと考えます。

ボリンジャーバンドの注意点

ボリンジャーバンドは、統計学の正規分布と標準偏差の考え方に基づいたテクニカル分析です。σ線内で価格が推移する確率は信頼性が高く、ついついボリンジャーバンドを信じがちになってしまいます。
 
しかし、バンドの過信は禁物です。指標発表やその他の事象でバンドを逸脱する場合があるので、ボリンジャーバンドを過信しすぎると相場が想定していない方向に推移してしまう危険があります。
 
また、ボリンジャーバンドは逆張りと順張りの利用方法があります。(参照:ボリンジャーバンドの利用方法
 
トレンドを形成していないレンジ相場の場合は各σ線を上値抵抗線/下値支持線と考える逆張り手法です。
 
しかし、トレンドを形成すると逆張り手法時とは全く逆のとらえ方になる順張り手法になるので、トレンドを形成しているか否かの判断がとても重要となります。

ボリンジャーバンドと相性の良いテクニカル分析

ボリンジャーバンドはトレンド系のテクニカル分析です。同じトレンド系のテクニカル分析と相性が良いと言えます。
 
トレンド系のテクニカル分析には、以下のようなテクニカル分析があります。
 

ATR、MA、HighLowチャネル、アルーンインジケーター、ケルトナーチャネル、MACD、ボラティリティ、一目均衡表、モメンタム等

ボリンジャーバンド まとめ

ボリンジャーバンドは相場がレンジ相場なのか、トレンド相場なのかといった相場の状態を把握する事に非常に有用なテクニカル分析です。
 
また、ボリンジャーバンドはマーケット参加者の大衆心理も反映しているので、トレンドの力が弱まっている可能性やトレンドを形成する動きが始まっている可能性も把握することができます。
 
ボリンジャーバンドを過信することは危険ですが、他のテクニカル分析が示すサインに対する根拠を強める場合に有用です。
 
トレードを行う際には、導入しておくと便利なテクニカル分析といえるでしょう。

おすすめの記事